作成した遺言を変更するためには?

ホーム / 遺言の効力について / 作成した遺言を変更するためには?

残された家族のためにと考えて遺言書を作成したのは良いけど、様々な理由から遺言の内容を変更したいと考える方も少なくありません。
ただ、すでに作成完了している遺言書の内容を、変更または撤回しても良いものなのかと悩む方もいます。
特に公正証書遺言や秘密証書遺言については、公証役場が関係しているので簡単に変更はできないと感じる人もいます。
しかし結論から言えば、簡単かどうかは別にして自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言全てで遺言書の作成後であっても内容を変更することは可能です。

実は、日時の経過や状況の変化などによって、相続財産自体や相続させたい相手が変化することは考えられることで、その為遺言書は後から自由に変更することが認められているのです。
また遺言書が正式に効力を発生するのは遺言者が亡くなった後のことで、極端な表現になりますが遺言を作成しただけでは単なる紙と言えます。

では、具体的に変更する場合にはどうすれば良いのかというと、自筆証書遺言では訂正するにしても細かな決まりがありますし、変更を書くスペースにも限りがあります。
その為、どうせ訂正するのならもう一度作成し直して変更することがおすすめです。
一方すでに公証役場で保管されている公正証書遺言の場合は、その遺言書を訂正するのではなくて、新たな遺言書を作成することで変更するのが原則となっています。
また秘密証書遺言の場合も変更するためには一度封を切らなければならないので、原則はもう一度作成する必要があるのです。

そこで重要になってくるのが遺言書に記載される日付で、原則として遺言書は日付が新しいほうが優先されるという決まりがあるのです。
つまり作成日時が新しい遺言書が存在していると、日付が新しいほうの内容が遺言として有効になって、それより前に作成されていた遺言書は法的効力を失うことになるのです。
ただし遺言書を変更する場合にすべての部分を書き直す必要はなくて、変更したい部分だけを新たな遺言書に書けば、その部分だけが有効になるという原則もあります。
しかし、その場合には混乱を招かないための配慮も忘れないことが大事です。