遺言書がない時の法定相続人とその優先順位・法定相続分について

ホーム / 遺言の効力について / 遺言書がない時の法定相続人とその優先順位・法定相続分について

遺言書に相続に関する内容を記載することで法的効力が発揮されて、基本的には遺言書に記載された内容で相続が実行されます。
では、遺言書が残されていなかった時には、どのように財産が分割されるのかというと、法律で定められている法定相続に従って実施されます。
その際の法定相続人とは、被相続人の夫や妻となる配偶者、血縁関係がある子や子が死亡していれば孫という直系卑属が該当します。
また、養子縁組をした子供も相続人になりますし、出生前の胎児も相続人として考えられるのですが、被相続人と婚姻関係にない異性との間に誕生した子供は、被相続人の認知を受けていないと相続人になりません。

直系卑属に該当する相続人がいない場合には、被相続人の父母や祖父母などの直系尊属が相続人になりますし、養父母も相続人となるのですが、舅・姑は相続人にはなりません。
直系卑属や直系尊属の相続人がいない場合には、被相続人の兄弟姉妹が相続人となりますし、その兄弟姉妹が亡くなっていれば甥・姪といったその子供が相続人となります。
このように法定相続人には優先順位が付いているのですが、配偶者は常に相続人になるのでつけられていません。

法定相続人が複数存在している場合には、法定相続では優先順位の組み合わせで遺産の相続配分が定められていて、これを法定相続分と言います。
法定相続分は、配偶者のみなら遺産の全部を相続しますし、配偶者と第1順位相続人なら遺産の2分の1を配偶者が相続して、残りの2分の1を第1順位の相続人が頭割りします。
配偶者と第2順位相続人の場合は、配偶者が3分の2を相続して残りを第2順位相続人が頭割りで相続しますし、配偶者と第3順位相続人なら配偶者が4分の3を相続して残りを第3順位相続人が頭割りで相続します。

このように遺言書がない場合の遺産分割については法律上確定していますが、相続人全員の協議で分割内容については自由決めることも認められています。
その為、場合によってはトラブルが発生することも考えられるので、被相続人が生前に法的効力を持つ遺言書を残しておくことがおすすめです。