子供のいない夫婦だからこそ遺言書を残す必要がある

ホーム / 遺言の効力について / 子供のいない夫婦だからこそ遺言書を残す必要がある

自分たちには子供がいないので遺言を残す必要もないと考える方もいますが、子供のいない夫婦だからこそ遺言書を残す必要があるのです。
子供がいない夫婦の場合に、配偶者が亡くなってしまうことで経済的に苦しくなることもありますし、二人で築いた財産をできる限り配偶者に残したいと考えることもあります。
遺言書を残すことで配偶者に財産のすべてを残すことができますし、残された配偶者の手続きの負担を軽減することができるのです。
このように遺言を残すことで得られるメリットがあることが、子供のいない夫婦だからこそ遺言書を残す必要があると言われる理由です。

もう少し具体的に紹介すると、子供がいない夫婦の場合には、相続人は配偶者と直系尊属の両親または兄弟となります。
高齢の夫婦の場合なら両親は既に亡くなっていることが多いので、配偶者にすべての財産を残す場合に問題となるのは直系尊属の兄弟です。
ただ、兄弟には遺留分が無いので有効な遺言書の内容について意義を唱えることができないため、遺言書で配偶者へすべての財産を残すことを書いておくと希望を実現することが可能になるのです。

では、どのように遺言書を残しておくと良いのかというと、夫婦の一方が遺言書を残すのではなくて、夫婦がお互いに相手を受取人とする遺言書を残すことが大切です。
その理由は、どちらが先に亡くなるか予測がつかないためで、どちらが先に亡くなっても配偶者に財産を残すことを可能にするためです。
ただ、財産が少ないからと遺言書を残さない選択をする方もいますが、財産に関係なく遺言書はしっかり残しておくことが配偶者にとってのメリットになるのです。

このように夫婦で遺言書を残しておいても、どちらか一方が先に亡くなってどちらか一方が残されることになって、残された方が作成した遺言書の内容の相手を失ってしまいます。
その為、相手が先に亡くなった時の事を考慮した内容で遺言書を作成しておくことも良いですし、配偶者が亡くなった時に遺言書を作成し直すことのもひとつの選択肢です。
ちなみに、夫婦仲良く一通の遺言書をというのは無効となってしまうので必ず別々に作成しましょう。