遺言書と遺産分割協議

ホーム / 遺言の効力について / 遺言書と遺産分割協議

 

・遺言書が無い!?遺産分割協議で話し合いを!
ここでは、遺言書による遺産相続の際に行う、遺産分割協議について説明したいと思います。
遺産がたくさん残っていて、相続人が複数人いる場合は、相続に関するトラブルが起こることも考えられます。
そのトラブルが起きないよう必要なのが、遺産分割協議というものです。

 

・遺産分割協議とは?
遺産分割協議とは、遺産の分け方を話し合う相続人同士の話し合いのことです。
相続争いを回避するための手段として行われ、話し合いがまとまったら遺産分割協議書というものを作成して、それを証明書として使います。
基本的に遺産というものは、遺言書に書かれてある指示通りに分配されることになるのですが、遺言書が紛失していたり、残されていなかった場合は、相続人同士が話し合いをして決めることになります。
それでも決裂する場合は、法律のもとに法定相続人が分けることになります。
遺産相続は非常に、遺産の分け方が複雑極まりないので、後々揉めないようにこのような証明書をつくるわけです。

 

・遺産分割協議書の内容
遺産分割協議書の内容は、相続人は誰なのか?
どの相続人に、どれだけの遺産を分配するか?
どのような遺産が残されているのか?などについて、明確に記載します。
後々トラブルが起こらないように、すべての相続人合意のもとに書類が作成されなければなりません。
この時、後々相続人としての権利を有する人物が出てきてトラブルにならないように、相続人調査を徹底して行わなければなりません。

 

・遺産分割協議は必要?
遺言書が正しく記載されていて残っていれば、遺産分割協議はあまり必要ないのですが、複数人相続人が居る場合は、トラブルを防ぐ意味でも遺産分割協議を行う場合があります。
基本的には、遺言書が無い場合に行われる話し合いなのですが、遺言書がある場合でも遺産分割協議は行われます。
この時に話し合いがまとまらなければ、裁判所で調停を行うか争うことになり、遺言書が残されている場合は、その遺言書の内容が判決を大きく左右します。

 

・被相続人の銀行口座が凍結された場合
被相続人の銀行口座が凍結された時には、遺言書があれば手続きが簡素になるのですが、無い場合は、遺産分割協議書が必要になります。
亡くなった被相続人の銀行口座は、相続人が勝手に現金を下ろすことができなくなるので、色々な書類を用意しなければならなくなります。
そういう時には専門家に相談して、手続きを進めてもらうようお願いしなければなりません。
また、被相続人に銀行口座があることを知らなかった場合は、凍結されたまま数年後解約になり国庫に返納されてしまいますので、そうならないよう、生前に被相続人の銀行口座に関する情報を、まとめておかなければなりません。