遺言書の作成が必要な方

  自分が亡くなる時のことは想像したくないですが、亡くなった後に自分の大切な家族が争うことになる状況は回避したいと考えることでしょう。 特に複数人の相続人がいて争いが予想されるのなら、必ず遺言書の作成をしてしっかりと気持ちを伝えることが重要です。 で…
もっと読む

遺言があるとき・ないときに活用できる!遺留分の割合と計算方法について

  財産の相続でよく耳にする遺留分。 遺留分と言うのは財産の最小限をもらうことが出来る制度で、一定の割合が定められています。 仮に、遺言があったとしても遺留分に沿った内容になっているかを確認しなければならないので、遺留分の割合についてと計算方法につい…
もっと読む

【タイトル】遺言の効力ってどれだけあるの?

  「遺言をのこすと絶大な効力を発揮する」とは言うものの、何処まで効力が発揮されるのかは意外と知られていません。 遺言の効力がどこまで発揮されるのかがわからなければ、遺言書をのこすことに意味を見出すことができなくなります。 そこで遺言書の効力について…
もっと読む

遺言書がない時の法定相続人とその優先順位・法定相続分について

遺言書に相続に関する内容を記載することで法的効力が発揮されて、基本的には遺言書に記載された内容で相続が実行されます。 では、遺言書が残されていなかった時には、どのように財産が分割されるのかというと、法律で定められている法定相続に従って実施されます。 その際の法…
もっと読む

作成した遺言を変更するためには?

残された家族のためにと考えて遺言書を作成したのは良いけど、様々な理由から遺言の内容を変更したいと考える方も少なくありません。 ただ、すでに作成完了している遺言書の内容を、変更または撤回しても良いものなのかと悩む方もいます。 特に公正証書遺言や秘密証書遺言につい…
もっと読む

自筆証書遺言の作成で雛形を参考にするのもひとつの方法

遺言書の種類には、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言といった普通方式と危急時遺言・遠隔地遺言といった特別方式があります。 ただ一般的によく使用されているのは普通方式の3種類です。 また遺言書は遺言者の意思を伝えるもので法的な効力も発生するのですが、何を書…
もっと読む

遺言書で遺産を貰うことができない相続人の遺留分とは?

遺言者の意志により特定の相続人ひとりに自分の財産を全て相続させたいと考える方も少なくありませんし、その為に遺言書を作成する方もいます。 しかし、いくら遺言書を残したとしても必ず希望通りとなるわけではなくて、その理由は相続には遺留分という考え方が法律で決められて…
もっと読む

遺言で配偶者に全財産を相続させるのなら

民法で配偶者は常に法定相続人になっていて別格の扱いになっていますが、配偶者以外の相続人にも順位が決まっています。 その為、指定席を持っている配偶者とはいっても、すべての遺産を相続できるわけではないので、遺産の全てを配偶者に相続させるためには遺言書を書く必要があ…
もっと読む

子供のいない夫婦だからこそ遺言書を残す必要がある

自分たちには子供がいないので遺言を残す必要もないと考える方もいますが、子供のいない夫婦だからこそ遺言書を残す必要があるのです。 子供がいない夫婦の場合に、配偶者が亡くなってしまうことで経済的に苦しくなることもありますし、二人で築いた財産をできる限り配偶者に残し…
もっと読む

相続させる遺言とは何なのか?

遺言は相続に関する記載をするものなので、全てが相続させるものになると考えられます。 しかし、長男と次男に遺産を2分の1ずつ相続させるといった包括的な記載の遺言もあります。 その一方で、長男には甲土地を二男には乙土地を相続させるといったように、特定の遺産を特定の…
もっと読む