相続させる遺言とは何なのか?

遺言は相続に関する記載をするものなので、全てが相続させるものになると考えられます。 しかし、長男と次男に遺産を2分の1ずつ相続させるといった包括的な記載の遺言もあります。 その一方で、長男には甲土地を二男には乙土地を相続させるといったように、特定の遺産を特定の…
もっと読む

公正証書遺言を作成する際に必要となる証人とは?

民法で定められている遺言の形式には、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があって、そのうち公正証書遺言の作成には証人が必要となります。 ちなみに、秘密証書遺言においても証人が必要となりますが、作成するのは遺言者本人なので作成に関しては必要ありません…
もっと読む

遺言書が法的な効力を持つためには?

民法で定められている条件やルールを満たしていない遺言書については無効となって、相続人は遺言の内容に従う必要がないのです。 では、法的な効力を持つ遺言書とはどのようなものなのかというと、被相続人の年齢や意思能力、遺言書の方式など決められ形式に則って書かれたもので…
もっと読む